• ホーム
  • クリニック紹介
  • 院長紹介
  • 治療内容
  • Q&A
  • お問い合わせ
治療内容

ホーム > 治療内容 > 自律神経免疫治療(刺絡治療)について

治療内容
  • 自律神経免疫治療について
  • 気診治療について
  • 灸治療について
  • 湯たんぽについて
  • 爪もみについて
  • AM 09:30-11:30
  • PM 13:00-18:00
  • 土曜の受付は12:30まで
  • 16:30~18:00までは保険診療
    による漢方治療も行います
  • 休診日:木曜午後・土曜午後・
    日曜・祝日

〒107-0062
東京都港区南青山2-26-35
青山KKビル6F

患者さんの声 当クリニックの治療をお受けいただいた患者さんの体験談や感想、お喜びの声を掲載してしています
当クリニックの治療が効果的な疾患、症例 悪性腫瘍(癌)・末期の悪性腫瘍(癌)その他の難病など・命には別状ないが西洋医学的に治療法がない、あるいは効果が少ない病気
診察の流れ
リンク
初診時に問診票のご記入をお願い します。ダウンロードしてご記入 済みの用紙をお持ちいただくか、 ご来院時にご記入下さい。初診時に問診票のご記入をお願いします。ダウンロードしてご記入済みの用紙をお持ちいただくか、ご来院時にご記入下さい。
メディア掲載
日本自律神経免疫治療研究所 ブログ
湯たんぽのブログ
青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 facebook
自律神経免疫治療(刺絡治療)について

自律神経免疫治療(刺絡治療)について

刺絡

自律神経とは、意志とは無関係に作用する神経で、消化器・血管系・内分泌腺・生殖器などの機能を促進または抑制し調節するもので、交感神経と副交感神経とからなっています。 身体を刺激しての自律神経を整える事により、 病気を直す力が増し、痛みが和らぎます。 自律神経を刺激する最善の方法として、伝統医学の言葉でいう刺絡治療を行います。


実際の治療法

27ゲージの注射の針を利用して爪の近くの井穴(せいけつ)とよばれる、エネルギーが集まるといわれている ツボを刺激する手技を伴いますので、ある種の痛みはあります。 痛みの感覚は痛みを感じる人、固有のものですからどのくらい痛く感じるか、については説明できません。 ご自身で試していただくしか解る方法はないのが現状です。 この治療は痛いけれども、頑張って病気を良くしよう、とある程度の覚悟を決めて 受診した方は拍子抜けすることが多いようです。 反面この治療は痛みを伴う、と説明するとそんな治療はごめんだ、といって受診しなくなる方も多いのが現実です。 27ゲージの注射の針とはツベルクリンテストに使う注射の針です。 通常の採血検査で使うのが22ゲージですので、5段階も細い針を使っております。

自律神経免疫治療の理論的背景

刺絡治療ではうっ血の多い部位を刺激すると出血します。 意識的に出血させることもありますが、うっ血が多いために結果的に出血してしまうのです。 注射の針を利用する刺絡は皮膚表面の刺激ですが、長い針で身体の奥深くまで刺激するのと どちらが効果的でしょうか? 最近の針灸の研究では針を深く刺した刺激と表面的な刺激とでは効果に差がないことが判明してきました。 それならば短時間で必要な刺激をすれば効果的であろうとも考えられます。 さらに体表面の刺激の方が刺激量の調節がしやすい利点があります。

刺絡の治療のお手本

古代中国で始まった針灸治療の古典である、 素問・霊枢を基礎にしております。歴代の中国の皇帝が健康を維持し、 不老長寿を実現するために発達した医学を応用しています。経絡とは耳にする機会が多いと思いますが、 実態は目にみえません。そのため経絡を事実ではないとして否定する立場の人もいるのです。 しかし、経絡は実在すると仮定して治療すると驚くほどの治療効果がでることが多いのです。 実態が不明な経絡をどのように使うのか?ごもっともな質問です。肩こりを例にあげてみましょう。 肩こりはつらいものですが、僧帽筋という筋肉の凝りがでてきます。肩にある僧帽筋を直接刺激するのではなく、 大腸経という経絡を刺激すれば僧帽筋の緊張が軽減します。どうやって大腸経を刺激するか? これが問題です。身体の中心部ではなく、端っこを刺激すると効果が大きくなるという原則があります。 指先の刺激が強力な刺激になる理由です。大腸経は人差し指から始まっていますので、 人差し指の爪の生え際を刺激するのです。注射の針を人差し指の爪の生え際にわずかに刺すと、 真っ黒い血液が出てきます。その出血を拭いては指を絞りさらに出血させると 徐々に鮮紅色の血液にと変化してきます。 うっ血が多い場合には赤い血液ではなく、暗赤色の出血となります。

僧帽筋の緊張の変化

刺激の前後で僧帽筋の硬さが変化するのがわかります。ただし、肩こりは僧帽筋だけが凝るのではなく、 胸の大部分を占める大胸筋や、肩甲骨の表面を占める多数の筋肉も同時に凝ることが多いのです。 胸の広い範囲を支配する(と考えられている)肺経の刺激そして、肩甲骨付近を通過する小腸経の刺激が必要です。 指では親指が肺経を小指が小腸経と関係しておりますので、それぞれの指を刺激すると、 大胸筋を始めとする胸の筋肉や肩甲骨付近の筋肉の緊張が軽減します。 これは爪もみが効果的な理由にもなっております。爪もみについては後にまたお話しする予定です。

自律神経免疫治療を続けると

筋肉が凝っているときはうっ血が多い状態を意味します。 注射の針で刺激する刺絡ではうっ血の多い部位を刺激すると出血します。 治療開始間もない時期には黒赤色調の出血ですが、繰り返し治療していると鮮紅色の出血となり、 さらにうっ血が少なくなると出血しなくなります。 注射の針で刺激すると、皮膚を傷つける要素がありますので、 その傷が癒えるまで治療効果が長もちするメリットがあります。 注射の針は確かに痛みを伴いますが、その刺激により身体の病的状態が改善するための必要な刺激とも考えられます。 最年少では9歳の女児がこの治療を受けています。

自律神経免疫治療(刺絡)の治療効果

癌に対する効果  自律神経免疫治療(刺絡)をすると癌がみるみる内に消えてしまう、というイメージをもっている方が多いのですが、癌はそれほど単純な病気ではありません。癌を縮小させるためには注意深い日常生活を送る必要があります。 早寝早起きをしたり、食前食後にハミガキをしたり、十二分に身体を加熱・保温したうえで、自律神経免疫治療(刺絡)を受ける事をお勧めします。 単純に自律神経免疫治療(刺絡)を受けた場合とは明らかに効果の差があります。治療を受けるのはその効果を必要とするからです。自律神経免疫治療(刺絡)の効果は、治療を受ける準備で差がでます。 当クリニックでは写真に示すツベルクリン反応を調べる注射の針を利用して自律神経免疫治療(刺絡)を行っております。採血検査をするときに使う注射器は22ゲージという太さの針を使いますが、この写真に示す注射器の針は27ゲージという、採血に使う針よりも5段階細い針を使います。

注射器

刺絡直後とその後の血液の色の変化

井穴刺絡:血液色調の変化

初めは黒っぽい色の出血ですが、出血を拭いては指先を絞り、また出血を拭いては、と繰り返すと鮮紅色の出血になります。黒っぽい出血はうっ血が多いことを意味します。 この治療を繰り返すと、当初は黒っぽい出血ですが、やがて初めから鮮紅色の出血となります。鮮紅色の出血は、全身の血液循環がよいことに対応します。全身に血液が流れやすいことは内臓の機能が良いことを意味します。どのような病気でも、それまでよりも内臓の機能がよくなった場合にはより改善しやすくなると考えられます。

アキレス腱付近:刺絡後の出血

アキレス腱付近:刺絡後の出血

指先で刺絡をして、指を絞れば必ず出血します。この写真のように指先以外の身体の部位にうっ血がある場合には当初はこのような黒色調の出血が観察されます。治療を繰り返しているとやがて出血しても、初めから鮮紅色の出血に変わり、やがては出血しなくなります。より理想的な状態に近づいてくるのです。


肉眼でわかるうっ血ー肩こりのひどい方の例

身体にうっ血があっても肉眼ではわかりません。そこで必要なのは想像力なのですが、うっ血を肉眼でもわかるように示します。強力なポンプで陰圧をかけた時の写真がありますのでご覧ください。

うっ血の例

肩こりがひどい患者さんの肩に注射の針をわずかに叩くように刺激してから陰圧をかけた写真です。針で刺激した部分から皮下に溜まっているうっ血が身体表面に出てきたところです。出血として観察されているのです。


うっ血の例

さらに陰圧をかけると皮下には暗紫色のうっ血が観察されます。うっ血はこのように大量にあっても目にはみえません。この患者さんはこの処置で肩こりはその場で改善しました。しかし、うっ血が無くなる生活習慣などを実行しないと、ある程度時間が経つと再びうっ血がでてくるのです。繰り返しの治療が必要な理由です。